風俗ソープランド情報をお探しの男性のためのサイト【ALWAYSソープランド男子宣言!(ソプダン)】

風俗コラムを読み漁り、体験談に縋りつく。
そして、パネル写真を舐めるように見た後システムを熟読してソープランドに向かう。
そう。僕たち、ソープ大好き男子です。

雄琴のソープ街は他の地域とは明確に区分けされている

  • まったりソープランド考察

日本全国の様々な地域にソープランドが集まったソープ街という場所があります。
ソープランドというのは、現在では風営法の関係で営業出来る場所が限られていて、ソープ街というのはソープランドが営業を続けられる数少ない地域です。
数多くのソープランドがその場所に集まっているため、ソープ街とそうでない地域では全く違う独特の雰囲気というものがあるのですが、ソープ街とそうでない地域が明確に分かれているという地域はほとんどありません。

例えば東京の吉原は日本で最大規模のソープ街として日本中に知られていますが、遊郭時代の吉原といえばその周辺を堀で囲まれ、出入りには大門をくぐる必要があったため、その地域は明確なものでした。
しかし、今の吉原ではそういった区別はなくなり、行き来しやすくなったのと同時に迷い込みやすくなってしまったとも言えます。

しかし、現在でもわりとはっきりとソープ街とそうでない場所が明確になっている所もあります。
それが、滋賀県にある雄琴ソープ街です。
雄琴といえば温泉街が有名で、温泉街からの客もよく訪れるソープ街ですが、その立地は明確に分かれており、間違っても温泉客が迷い込むようなことはありません。
温泉街からソープ街は琵琶湖の挟んで対岸に位置しており、なおかつソープ街の入り口には大きな目印があるからです。

雄琴ソープ街へは、雄琴港口の交差点から国道161号線を南下していきます。
そうすると左手にシルクロードという巨大なネオンが装飾されたゲートがあり、その先にはゴールデンゲートという同様のゲートがあります。
この2つが雄琴ソープ街の出入り口となっていて、雄琴ソープのメインストリートに行くにはこの道を通る必要があります。
さらにその先で国道161号線は琵琶湖大正寺川という小さな川と交差しますが、その川沿いにある川筋通りが雄琴ソープ街の範囲内となっています。
どの道であってもまず見落とさない目印がありますし、ソープ街のストリートからは他の場所へ抜け道となるような路地もありませんから、間違って入り込むこともありません。
この国道161号線沿いというのは、開発された土地というよりはまだまだ田舎の田園風景に近い風景が広がり、その中にネオン看板ですから万が一もないでしょう。

雄琴では、ソープランド利用客以外が訪れないことからも、安心してその雰囲気を楽しむことが出来ます。
お店で受けるサービスだけではなく、こうした雰囲気を味わうのもソープの楽しみ方の一つなのですから、気兼ねなくソープ街を歩いて気に入ったソープランドを探せるというのも雄琴ソープ街ならではと言えるでしょう。

雄琴ソープガイド

雄琴エリアに特化した地域密着型のソープランド専門のサイトです。滋賀雄琴のソープランド店を全て掲載しており、新人情報や体験談などコンテンツも豊富です。
雄琴ソープ体験談

風俗情報ぴゅあらば