風俗ソープランド情報をお探しの男性のためのサイト【ALWAYSソープランド男子宣言!(ソプダン)】

風俗コラムを読み漁り、体験談に縋りつく。
そして、パネル写真を舐めるように見た後システムを熟読してソープランドに向かう。
そう。僕たち、ソープ大好き男子です。

風俗で家庭円満~脳と風俗~

  • 今すぐ読みたいコラム

恋愛が破局したり、浮気が発覚して家庭を壊してしまった人も少なからずおられると思います。
新婚の時期や付き合い始めた頃は、相手の女性がかわいくてたまらず、「なにをしても許せてしまう」といった状態ではなかったでしょうか?

それが時間が経つにつれて相手の悪いところが目立ち始め、小さな小言をいったことで関係に亀裂が入る・・・。
不和の原因の最も多いパターンです。
長く恋人関係や家庭を円満に保ちたい人には、是非とも「風俗」を利用することをオススメします。
反対のことをいっているようですが、これには「脳科学的な」理由と裏付けがあるのです。

人間の脳構造から考える風俗の利用価値

喧嘩をしないまでも、出会った当初の新鮮さはなく、いつまでも楽しい時期が続かないのは誰しも同じことですが、実はこれが「人間の本来の姿」なのです。
女性は「いつまでも愛されていたい」という願望がありますが、これは自然の摂理に反したことであり、無理な注文です。

というのも、人が異性をに対して燃え上がるような感情を抱くとき、脳から「ドーパミン」という快楽物質が出ています。
これは自分の好きな趣味をしていたり、おいしものを食べる、喫煙、飲酒、ギャンブルなど、「気持ちいい」と感じるときに放出される脳内ホルモンです。
また「恋は盲目」と言いますが、これも科学的な証明がされており、この「ドーパミン」が脳内いっぱいに広がって冷静な判断ができない状態のことを言います。

そしてこのドーパミンの放出には「期限」があり、個人差はありますが、だいたい3年前後だそうです。
ドーパミンによって美人に見えて魅力的だった彼女の顔がそう見えなくなるのです。
3年・・は人間の場合の話であり、他の動物ならば1年が数か月くらいです。
仲の良い夫婦を表す形容詞として使われる「オシドリ」も1年でドーパミンの放出は終わり、実際は「毎年相手を変えている」のです。

もちろん人間は3年以上続くカップルはいくらでもいますから、最初の3年を超えたら「別のもの」を拠り所として関係を持続させなければなりません。
もちろんこのときにはパートナーに対して「性欲」を感じなくなっています。

長期化したカップルは「性を外に求める」のが理想

本来の人間の脳構造がそうですから、いつまでも恋人気分ではいられません。
ただ、人間の男性の性欲は非常に高齢になっても保持し続けますから、その処理には困ります。
単に自慰行為で射精したとしても真の満足が得られませんので、フラストレーションが溜まって精神的によくありません。

奥さんや彼女が可愛く感じるときはぞんぶんにセックスすれば良いのですが、脳が求めていない「お仕事セックス」では自慰行為以下の満足度しか得ることができません。
しかし、家庭は大切にしなくてはなりませんので、やはりどこかで性欲を発散させ、家庭を円満に保つ必要がありますので、「性を外に求める」のが理想でしょう。
性の部分が十分満足できることで、自分のパートナーのことを大切にすることができるのです。

ただ不倫や浮気は「新たな恋愛」であり、本末転倒な結果を招きかねませんし、新し恋愛をスタートさせても3年経てば同じ状態が訪れるのです。

そこで利用価値が高いのが”風俗”です。
料金を支払えば1回限りで満足でき、少しの注意でバレる心配もありません。
また、ソフト系風俗では手か口でのフィニッシュになり、本能的な満足感が得られにくいので、できればソープランドで本番をすることが望ましいでしょう。

人間の三大欲望である”性欲”を生半可なやり方で克服することはできません。
そしてそれに気づくのが遅れれば遅れるほど、パートナーとの関係に不協和音が生まれるのです。
本当に家庭や彼女を大切に思うのであれば、”ドーパミン”の放出が切れる時期に真剣に風俗の利用を検討してみましょう。

雄琴ソープガイド

雄琴エリアに特化した地域密着型のソープランド専門のサイトです。滋賀雄琴のソープランド店を全て掲載しており、新人情報や体験談などコンテンツも豊富です。
雄琴ソープ体験談

風俗情報ぴゅあらば